AGAは複合的な要因によって引き起こされます!

AGAは遺伝的な要因と後天的な要因がある!しっかりと対策しよう

AGAには色々な原因がある

男性特有の悩みの一つであるAGAは色々な原因で引き起こされます。遺伝的な要因や後天的な要因などがあります。AGAの原因を知ることで、しっかりと対策を行うことができます。以下で具体的に見ていきましょう。

AGAの原因を知ろう!

ストレスの蓄積

ストレスを抱えてしまうとAGAを引き起こしてしまう可能性があります。ストレスは、健康面だけでは無く髪にも悪いと言われています。ストレスが溜まると血行不良を引き起こしAGAの原因となります。ストレスの蓄積には注意しましょう。

生活習慣の乱れ

生活習慣が乱れてしまうと、AGAの原因になってしまいます。栄養バランスが崩れた食生活や、喫煙・過度の飲酒をすると髪に悪影響を及ぼします。また、運動不足も髪に良くないと言われています。生活習慣が悪い人は、日ごろから健康的な生活を心がけましょう。

遺伝的な要因

親や祖先が髪の薄い家系だと、そうではない家系に比べてAGAを引き起こす可能性が高いと言われています。先天的な要因に基づく場合もあるのです。遺伝的な要因であったとしても、原因が明確なので、原因に合わせた予防・治療を行えば問題ありません。

AGAは複合的な要因によって引き起こされます!

男の人

男性ホルモンによる影響

AGAで悩んでいる男性もいるのではないでしょうか。AGAは、色々な要因が複合的に重なって引き起こされますが、男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの影響を受けて進行すると言われています。

遺伝的な要因で引き起こされる

AGAになってしまう原因は、先天的な要因と後天的な要因に分けられます。先天的な要因は、遺伝によるものです。祖先に薄毛の方が多い人は、AGAになってしまう可能性が高いので注意が必要です。日頃から頭皮ケアを忘れずに行いましょう。

生活習慣やストレスには注意しよう

後天的な要因には、生活習慣が挙げられます。バランスの取れていない食生活を送っていたり、しっかりと睡眠を取っていないと、AGAを引き起こす可能性を高めてしまいます。また、ストレスを溜めている人は注意が必要です。ストレスを抱えてしまうと、血行不良を起こしてしまい、髪に十分な栄養を送ることができなくなってしまいます。AGAを予防するためにも、自分なりのストレス解消方法を考えておくことが必要です。

日ごろから対策を行おう

AGAを予防するためには、上述したような原因を根本的に解決することが必要になります。遺伝的な要因は変えられないですが、頭皮ケアを行ったり、髪に良い生活を送ることでAGAの進行を抑えることができます。後発的な原因である、生活習慣やストレスは解決の余地が多くあるので、しっかりと対策を行いましょう。

広告募集中